2019年度フォローアップ研修(2日目)(育成・キャリアアップシステム)- 2019-08-22

 8月22日(木)、2019年度フォローアップ研修②(2日目)を実施致しました。
午前中は「介護過程」、「対人折衝」を、午後に「栄養と食事」、「身体・虐待・リスク」をテーマに講義を行いました。
 
2日目となる本日は、入社4年目になる若手職員も登壇致しました。
これまでの経験や知識の蓄積が講義内容に活かされていました。
 
入社2~3年目は業務に慣れ始める頃で、ついつい自己流のオペレーションを実施しがちな時期でもあります。ここで改めて初心にかえり、いかに「基礎・基本」が重要か、受講者は講義を通して実感出来たと思います。
 
また、教鞭をとる職員にとっても思考を言語化する貴重な機会となります。
この2日間の研修を通して登壇した職員、講義を受けた職員の双方に得る物があったと思います。

 


2019年度フォローアップ研修(1日目)(育成・キャリアアップシステム)- 2019-08-21

 8月20日(火)、2019年度フォローアップ研修②(1日目)を実施致しました。
午前中は「苦情対応」、「有事災害」を、午後に「排泄・入浴」、「急変時対応」をテーマに講義を行いました。
 
施設の中で多くの経験を積んだ職員からなされる講義は実務的で、心に響くものがあり、研修を受ける職員のまなざしも真剣そのものでした。ものごとを改めて客観的な視点から捉えることの大切さを実感できる1日目となりました。
 
研修初日に学んだことを今後の業務に活かせるよう整理し、次回8月22日(木)の研修2日目に臨みます!
 

 


ワイワイ!地域相談カフェ(地域還元と交流)- 2019-08-14

 8月9日(金)地域相談カフェを開催しました。
地域の皆様が活き活きと暮らせる街づくり活動として各専門職がチームを作り
相談会を実施しています。
 
第3回目を迎えた相談カフェは、地域の方が約20名の方が参加されました。
今回は熱海市役所の方や高齢者相談センターの方にもご協力を頂きました。
 

続きはこちら

\納涼会1/3/ スイカ割り(『歳時』を意識した生活)- 2019-07-31

今年のやってまいりました”納涼会月間”
第1弾は恒例のスイカ割りです。函南で採れた大きなスイカ。
さてさて割ることができるでしょうか。いつもは乙女の女性陣も、およよ?棒を持った途端、勇ましい表情に。

とやー! えいー! 普段の発声練習よりも声が出ています。

続きはこちら

熱海高校キャリアカフェ(地域還元と交流)- 2019-07-26

 夏の風物詩であるセミの鳴き声が聞こえるようになってきました。
梅雨もじきに明け、いよいよ夏本番といったところです。
みなさま暑さに負けず、過ごされておりますでしょうか。
 
当施設は先般、静岡県立熱海高等学校のイベント「キャリアカフェ」に参加致しました。
キャリアカフェでは生徒の皆様と企業が一緒に「働くということとは?」、「自分に合った職業を探すには?」、「自分に合った職業を探すには?」といったテーマの元、将来に目を向け意見を交わす場となっております。
 
生徒の皆様は最後まで真剣に耳を傾けられ、将来について考えられていました。
「無限の可能性」を秘めた若い力に大きな未来を感じる時間となりました。

 


2019年度 スキルアップ研修(第2回目)(育成・キャリアアップシステム)- 2019-07-25

 7/18(木)第2回スキルアップ研修を実施しました。
今回は、メンタルヘルスの専門講師をお招きし「セルフケア」を中心に講義をしていただきました。
職員15名ほどが参加し「メンタルヘルス不調に陥る理由」「メンタルヘルス対策」について学びました。

 

続きはこちら

海光園産の梅ジュース(『歳時』を意識した生活)- 2019-07-15

 今年もたくさんの梅の実がなりました! 豊作です(*^。^*)
早速“梅ジュース”を作ろう~  いいね!
という事で、デイサービスのご利用者から手ほどきを受けました。
梅をきれいに洗って しっかり拭いて 爪楊枝でヘタをとって 
美味しいものは手間暇かかります・・・
容器に氷砂糖と梅を交互に入れて。宝石みたい☆彡
 

続きはこちら

2019年度 スキルアップ研修(第1回目)(育成・キャリアアップシステム)- 2019-07-08

熱中症対策 ~ 正しい知識をもって暑熱に対処しよう ~
先週 国際危機管理者協会(IAEA Japan)による研修会に参加した内容をもとに、各事業所の責任者、専門職集合のもと熱中症対策研修を行いました。2018年7月は過去最悪の1,032名の死亡者が出るという事態となった原因として①熱中症に必要な対処方法の誤り ②梅雨明けから連続した猛暑に身体がついていけなかった事などが考えられます。

続きはこちら

緑の一番星(あすなろ卵)(地産地消の推進)- 2019-06-28

通算36回目の地産地消 全国お取り寄せは
青森県産「緑の一番星 あすなろ卵」です
20年間かけて開発された卵は、卵黄が大きく殻が薄緑色。
栄養も豊富でかきたま汁にして提供しました。

「一番星の由来」
日本で星がきれいに見える所が「田子町」
空気が澄んでいて緑が豊かな町。
この環境の中で生まれた卵に「緑の一番星」と名が付けられた。

 

続きはこちら

多賀保育園との交流会(地域還元と交流)- 2019-06-28

 6/25(火)多賀保育園の園児の皆さんと交流会を行いました。
年長組の9名による歌と踊りを披露。
音楽に合わせて元気いっぱいの踊りが始まると
最前列をキープした利用者様は「かわいいね」を連発!
まるで、アイドルを追いかける女子高生のようです♡
 
「幸せなら手をたたこう」の曲に合わせてのふれあい遊びでは、思わず涙ぐむご利用者の姿も…それを見た職員も感動です~
 

続きはこちら

6月減災訓練(レジリエンス 組織づくり)- 2019-06-28

 梅雨に入りじめじめとした気候が続く中、熱海においては比較的大きな地震の発生、令和初の台風発生など様々な自然現象が起きています。「もしも」の時にどのような行動、どのような備えが必要なのか、みなさまお考えになられているでしょうか。
 
そんな中、海光園では「風水害」にクローズアップした減災訓練を行いました。
風水害は地震などと異なり、事前にある程度の情報を掴んだ上で、備えをすることが出来ます。
今回はどのように備えをしていくのか、またどの箇所に危険が潜むか等、実際に現場に行き確認していきました。

ぜひみなさまもご家庭の内部外部、今一度検証してみてください!

 


♪茶話会♪で地域交流(地域還元と交流)- 2019-06-20

 6/20(木)地域の方をお招きし“茶話会”を開催しました。
地域の皆様との交流を目的として定期的に開催しています。
今回は「音楽」をテーマにし、特養・ケアハウス・地域の方の26名が集まりました。
 

続きはこちら

5月減災訓練(レジリエンス 組織づくり)- 2019-05-25

5月も下旬に入り沖縄では梅雨入りとなりました。
東海地方もそろそろかと思いきや、全国各地で30度を超える真夏日が報告されております。

さて、海光園ではそんな暑さにも負けず、令和2回目の減災訓練を実施致しました!!

今回は南海トラフ地震を想定した訓練になります。
南海トラフ地震は最悪の場合32万人もの死者が出る可能性があると言われております。
我々が出来ることは何か、、

やはり訓練あるのみだと思います。

防災意識を高め、先ずは自助能力を身につけていくことが大切です。
これほど大規模な災害であれば救援する側の人々でさえ同じように被害を受けてしまう可能性があるからです。

防災に関連して来る6/16(日)、海光園では毎年恒例のサンデイふれ愛デイを開催致します。
メインテーマは「防災」。講師として非常に頼もしい先生方をお招きしております。
皆様もこれを機に防災への意識を高め、災害に強いまちを作りませんか?


みんなでピンポン!(従業者/利用者満足度向上)- 2019-05-14

先日、卓球のオリンピック選手を応援している企業を応援している企業から(ややこしい)卓球に慣れ親しんでいただきたいということで、子供でも使える卓球セットを寄付していただきました。早速デイサービスから コトトン コトトン という炎の魔球音が聞こえてきます!

続きはこちら

季節風呂(5月 菖蒲湯)(『歳時』を意識した生活)- 2019-05-07

5/6(月) 恒例の季節風呂の日です!(^^)!

5月は「菖蒲湯」
さわやかな香りが特徴で薬草としても効能があります。
古くから“邪気を払う”と伝えられ、菖蒲湯に入ることで
無病息災を願う風習が続いています。

今年度も、ご利用者が日本の四季を肌で感じられるよう
たくさんのワクワク感を提供していきます!



2018年度 ダイジェスト版はこちらです!

続きはこちら

ピカピカのユニフォーム(従業者/利用者満足度向上)- 2019-04-29

新品のユニフォームが到着!
全面リニューアルしてから2年経過。
古くなってしまったので買換えです。
中にはサイズ変更もあったり?なかったり?

続きはこちら

4月減災訓練(レジリエンス 組織づくり)- 2019-04-29

暦上は春なのに、各地では積雪が見られるなど、まだまだ寒暖差の激しい日々が続いております。ゴールデンウィークにはインフルエンザの再流行も懸念されるとのことです。

さて、海光園では平成31年度最初の、そして平成最後の減災訓練を実施致しました。
今回は火災を想定した避難訓練になります。館内の一部ではなく、各階まで炎が延焼している想定と致しました。(過去の同種訓練においては最も難易度が設定が高いです)

災害はいつ何時発生するかわかりません。
「動ける体制」は日頃の訓練が実現します。
今年度も気を引き締めて、毎月の訓練に臨んでいきます。


同業施設さんの見学受入れ(防災・福祉機器)(レジリエンス 組織づくり)- 2019-04-23

先月参加した研修会が発展し希望された施設の皆さんが見学に来てくださいました。同じ内容を2日間で設定、1日目は7施設13名、2日目は4施設6名 総計11施設19名。テーマは2つ、具体的にどのような防災対策をしているか現場を見る、福祉機器の活用(4種類)を体験してもらうことです。(写真:災害用ガスバルクによる自家発電機を見学)

続きはこちら

ようこそ、お春さん(『歳時』を意識した生活)- 2019-04-09

真っ青な空と海。
これぞ、海光園という景色が広がったポカポカ陽気。
桜もキラキラ光っています。

続きはこちら

3月防犯減災訓練(レジリエンス 組織づくり)- 2019-03-31

春の訪れに嬉しさを感じる反面、絶え間なく飛び続ける花粉に日々苦戦しています。
予報によれば花粉の飛散ピークは3月とのこと。収まるころには新緑が気持ち良い季節になっていることえでしょう。

さて、3月も減災訓練を実施致しました。
テーマはズバリ「防犯」!近年の大きな事件を受けて当施設でも取り組みの強化を図っている項目であります。

昨年10月に実施した実務訓練を踏まえて、今回は座学形式にて訓練を行いました。
いかに「想定外」を最小限に抑えるか。いざという時に動ける体制を作る鍵となります。来年度はより新しいステージで訓練に励み、安心安全な海光園はさらなる高みを目指します!



次の20件→