オーストラリアからのTV取材(TV/新聞/講演)- 2016-11-17

オーストラリアからTV取材がありました。

目的は「様々な現場で活躍する日本のロボットをレポートする」

本人とご家族の了解の下、『メンタルコミットロボット PARO』 と 『移乗アシストベット リショーネ』をご紹介いたしました。PAROは日頃から可愛がっている6名のグループ活動。気づいたら女性ばかりでした。

ぎゅーっと抱きしめたり、ふうちゃんの鳴き声に「よしよし、かわいいね~」と皆さん終始ニコニコ。とても盛り上がり、テンションあがって、最後には東京音頭の大合唱。(^o^) 言葉が分からないオーストラリアの取材班にも雰囲気が伝わったようで何よりです!


本を代表して、ケアワーカーMさんがインタビューに答えます。

表情、カチコチ、カチコチ。

後ろで 「(えがお、えがお~~)」 サインを送って何とかクリア!

リショーネはお部屋から4階ケアガーデンまでのコースで撮影 念のため二人で誘導 鳥の声を聴く、空を眺める、秋のひんやりした風を感じることは五感を使います。 その当たり前のことが、移乗しなくても実現できる。それがリショーネの強みです。