厚労省プログラム「感染症対策のための実地での研修」(【段階】予防対策)- 2021-02-18

厚労省プログラム「感染症対策のための実地での研修」感染症対策の専門家である認定看護師さんに来ていただき、各フロア対策の検証、発生時想定等へのアドバイスを頂きました。1階~4階各フロアは特性が異なるため、日常の対策や初動が非常に重要になります。

全体の総評としては「現在の対策を継続するように」という結果を頂きました。主なポイントは次の通りです。

1. 施設内安全は従業者が「うつらない、もちこまない」予防対策の継続にかかっている。
2. 全員が常時フェイスシールド着用していることは非常に良い。
3. PPE外し方は概ねできているが、ブラックライト で接触部分や十分な手指消毒が出来ているか可視化すると良い
4. 更衣室、休憩室等も区分け、換気が出来ている。
5. ゾーニングトレーニングルーム設置されているので発生時訓練を継続し初動強化してもらいたい


実際に施設内で発生してしまう恐ろしさ、大変さを再認識できました。事態が全て終息するまで気を緩めず対策を継続してい参ります。アドバイスを頂きありがとうございました。

着ける 脱ぐ 消毒